中古ドメインとアダルトアフィリエイトの関係

読了の目安時間: 3分5秒

中古ドメインがseo対策に効果的というと、間違いなく有効だと思います。
ただしそれは、使い方を間違えなければの話です。

こんにちは、マサです。
ちょっと賢そうな書き出しで始めてみました、テヘッ。
今回の記事はこれまでも何度か触れているseoの話です。
このブログに訪れる方のほとんどが同志のアフィリエイターの方々だと思います。
そして閲覧の多い人気記事を見る限り、seoの知識や関心がある方が多い気がします。
他の方のseoブログを読んで良く感じるのが、正しい主張と誤った主張が入り交じっているという事なのですが、googleがコロコロとアルゴリズムを変える以上、これは仕方のない事と思います。
なので、このあとの内容もご参考程度に…ていう言い訳です(笑)

で、肝心の中古ドメインについて。
他の誰かが使用していたドメインというのは、長い運営実績によって自然に、または意図的な披リンクというものを少なからず背負います。
その数や、リンク元のサイトのページランクにより、ドメインのパワーが確定します。
ほんの5~6年前までは、このパワーの強さという基準のみで検索エンジンに上位表示されやすい時代がありました。
このころのseo対策はとにかく簡単で、ひたすら色んなドメインを買って自分自身にリンクすれば、様々なキーワードで1ページ目にサイトを載せる事が出来たのです。
いきなりぶっちゃけますが、私が晒している売上のキャプチャ画像も多くはこの頃のものです(笑)
その頃にもっと本気で稼いでたら数倍は売上があったと思いますが、色々と個人的事情があったわけで、当時はそこまで全力を注ぐ事が出来ませんでした。
それでも役職クラス以上の売上を稼げるほどに、以前のseoは容易だったのです。
しかし、パンダアップデート、ペンギンアップデートというgoogleの大改良により、以前の手法、特に自作自演リンクのようなブラックseoはマイナスペナルティを受ける事になりました。
私自身、3年前には売上がフリータークラスまで落ちてしまったのです。
その後はとにかく本気で頑張ってどうにか元に戻しました。
それも、このサイトで何度か書いているブラックseoの手法によってです。
実際にペナルティを受けにくいブラックなリンク方法に関しては過去の記事を読んでいただきたいのですが、その中で中古ドメインを使用するとかなり有効的なのです!
例えるならページランクの高いサイトは女友達を多くもったブサメンです。
ブサメンな彼自身に価値を感じなくても、彼の女友達に価値を感じるなら、彼との友情を深めておいた方がお得という事です。
しかし彼が上手に女友達を紹介してくれないと、有益にはならないでしょう。
同様に高ページランクのサイトも、使い方次第でかなり有益になります!
あまり上手い例えではなかった自覚はありますが、感覚的なものなのでご了承下さい(笑)

コメントを残す